多彩で魅力的な飲食店が立ち並ぶ「アキバ・イチ」

秋葉原UDXは、
旧東京中央卸売市場神田市場の跡地に建てられています。
そこで、かつての青果市場の活気や、
人々が集まりにぎわう当時の様子の再現を目指して、
約30の店舗が連なる「アキバ・イチ」を開設しました。
飲食店舗の充実・集積が街の課題とされていた
秋葉原において、
アキバ・イチ」は新たなにぎわいを
創出しています。
1FFLOOR CONCEPT

並木道の商店街

UDX 1Fは街(アキバ)と接合するスペースです。
並木に沿ってUDXの足元に心地良い街並みをつくり、新しいアキバを生み出します。
そんな街並みに相応しい個性的な路面店が集積しています。

2FFLOOR CONCEPT

カジュアルキッチン

イベント広場と一体化して様々に人々が行き交う、流動的で活気のある発電器のような気分のフロアです。
店舗同士の賑わいが孤立することなくつながり、フロア全体で大きなコミュニティとなるようなカジュアルな食空間となっています。

3FFLOOR CONCEPT

路地に集まる専門店

路地から路地へと迷い込むような、親密で多様な食のフロアです。
充実した専門店の楽しさが小さな淀みや自然素材の間に見隠れし、フロア全体に共鳴するような空間となっています。